借りる

一時的にお金を借りたい人がすぐ借りられる5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一時的にお金を借りる方法を状況に合わせて解説

一時的にお金を借りたい時にどこならすぐにお金が借りられるのか?

知っているのは金融業界に精通している人くらいです。

実は意外と一時的な融資に対応してくれる借入先は多く存在します。

しかし借入先の選び方を間違えてしまうと、自分の条件に合った借り方ができなくなる事もあります。

  • お金がすぐに必要なのに、期限までに借りられない
  • 借りたは良いが完済までに時間が必要
  • る必要がなく、できるだけ低金利で一時的にお金を借りたい人は、銀行フリーローンを選びましょう。

一時的にお金が必要な状況になって、焦って選択を間違うと上記のような事態に陥ってしまいます。

このページでは一時的にお金を借りたい人が、自分向けの借り方でお金を借りられるよう、希望する条件に合わせた借り方を解説します。

一時的にお金を借りる際に選ぶべき5つの借り方

一時的にお金を借りたい人の状況に応じた、希望する借り方を以下の表にまとめました。

今すぐ借りたい人向けの方法や、金利を気にしている人向けなど、状況に合わせて借り方を検討する事が大切です。

それぞれの借り方にはメリットと注意点も存在するので、合わせて確認してみてください。

状況 借り方 メリット 注意点
今すぐ借りたい ・消費者金融カードローン
・中小消費者金融
・クレジットカードのキャッシング
・アプリ特化の融資サービス
・学生ローン
・最短即日で借りられる
・一定期間は無利息で借りられる商品もある
・繰上げ返済可能で早めの完済もできる
借り入れ時の金利が高い傾向
低い金利で借りたい ・銀行カードローン
・銀行フリーローン
・最短翌営業日には借りられる
・上限金利が低い
・繰上げ返済可能で早めの完済もできる
即日融資には対応していない
生活に困って公的な融資制度で借りたい ・生活福祉資金貸付制度
・緊急小口資金
・母子父子寡婦福祉資金貸付制度
・求職者支援資金融資
・臨時特例つなぎ資金貸付制度
利息負担が少ない ・融資を受けるまでに時間がかかる
・条件に当てはまる人しか借りられない
審査なしで借りたい ・生命保険の契約者貸付
・ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付け
・質屋
・身内や友人
・融資の審査が不安な人でも借りられる
・最短即日で借りられる
・自由なタイミングで返済が可能
原則は担保がある人のみ借りられる

色々な事情はあると思いますが、一時的にお金を借りたいとしても重視したい条件は、妥協せずに借入先を選ぶ事が大事です。

急いで借りたい場合は即日融資に対応した借入先を選ぶことで、お金が必要なタイミングにも間に合うでしょう。

融資の審査になかなか通らない状況の人なら、審査がない借入先を選ぶ方法も検討すべきです。

自分が重視する条件の中で、それぞれの特徴を比較して借入先を決めましょう。

今すぐ一時的に借りたい場合に使える5つの方法

今すぐなど急な用事で一時的に借りたい場合、適した借入先は主に以下の5つになります。

急いでいる人は融資時間も気になりますが、できるだけ低い金利で借りられるチャンスも逃したくないはず。

借り方ごとの融資時間や金利などの情報も合わせて表にまとめました。

借入先 融資までの時間 金利の目安 無利息期間 向いている人
消費者金融のカードローン 最短25分~30分 18.0% ・借り入れしている事実を内緒にしたい人
・無利息期間を活用して金利分の得をしたい人
中小消費者金融 最短30分 18.0%~20.0% 融資の審査に通るか不安な人
クレジットカードのキャッシング キャッシング枠を既に持っている人なら審査不要ですぐに借入可能 15.0%~18.0% ・今すぐお金が必要な状況の人
・新たに融資の審査を受けたくない人
アプリ特化の融資サービス 最短30分 18.0% ・移動せずにスマホで借りたい人
・普段から利用しているサービスと併用して使いたい人
学生ローン 最短即日 17.0% 学生

借り入れするまでの時間が最も短いのは、キャッシング枠が付いているクレジットカードになります。

しかし、都合よくカードを持っていない場合や、出先に急に借りたいとなった場合は街中にも店舗が多く、コンビニATMなどとも提携している消費者金融も適しています。

大体30分くらいで借りられる方法が多いので、金利や受けられるサービス内容を比較して、自分の状況に適した借り方を選びましょう。

消費者金融のカードローンは30分ほどで審査結果が通知されて内緒で借りたい人にも向いている

消費者金融のカードローンは以下5つの特徴があり、今すぐかつ内緒で一時的にお金を借りたい人には特に向いている借り方です。

  • 最短25分~30分ほどでお金を借りられる
  • 繰上げ返済も対応している為お金が必要なタイミングだけ借りられる
  • 融資を受ける時の在籍確認がない消費者金融もある
  • 郵送物をなしにできる為カードレスでも借りられる
  • 無利息期間が設定されている消費者金融もある
  • 参考:https://www.tokai-sr.jp/articles/shouhishakinnyuu/

消費者金融は最短25分から30分ほどで融資を受けられるので、審査が完了するまで待つ時間も少なくて済みます。

繰り上げ返済にも対応しているため、お金が必要となった時期だけに限定して一時的に借りる事も可能です。

たいていの場合はお金を借りる際に会社などへ電話連絡が入り、勤め先の情報に間違いがないかを確認する在籍確認が審査として実施されます。

この在籍確認が気になる人も多いと思いますが、消費者金融業者の中には在籍確認を電話以外の方法で対応してくれる所もあります。

消費者金融でお金を借りると専用のカードが発行される事が一般的ですが、最近はカードを発行せずに借りる方法もあるので郵送物が自宅に送られてきません。

会社の人や友人・家族にお金を借りている事がバレる可能性を減らせるので、内緒で借りたい人に消費者金融はぴったりです。

消費者金融の中には初めて契約した人を対象に、無利息期間を設けている業者もあります。
無利息期間のキャンペーンを利用すれば、他でお金を借りるよりも利息分が節約できます。

それでは次に大手で無利息期間のキャンペーンが存在する、3つの消費者金融を取り上げて特徴を詳しく解説していきます。

消費者金融 プロミス レイク アイフル
融資時間 最短25分
※申込みした時間帯によっては、当日中の融資ができない場合もあります。
Web申し込みで最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までに契約手続が完了(審査・必要書類の確認含む)していると、当日中の振込が可能。
一部の金融機関やメンテナンスの時間などは対象外。
最短25分
※WEB申し込みの場合
※申込み時の状況によって希望のタイミングに借りられない場合もあります。
利用限度額 1万円~500万円 1万円〜500万 1万円~800万円
金利 4.5~17.8% 4.5〜18.0% 3.0~18.0%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間 最大で30日間
※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要。
・30日間無利息
・60日間無利息
・180日間無利息

<180日・60日>
※初めての場合は初回契約日から無利息。
※無利息期間が経過した後は通常金利が適用されます。
※30日間無利息・60日無利息・180日間無利息を併用はできません。
※契約額が200万円を超える場合は30日間無利息のみ。

<60日間無利息>
※Webから申し込んで契約額が1~200万円の人。
※Web以外で申し込みした人は60日間無利息が選べません。

<180日間無利息>
※契約額1万円~200万円まで

最大30日間

申し込みをする消費者金融によっても特徴が違います。

最短25分審査で原則在籍確認がなく無利息期間も適用されるプロミス

プロミスの画像
最短融資時間 最短25分
※申込時間によって当日中の融資が不可の場合あり。
利用限度額 1万円~500万円
金利 4.5~17.8%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間 最大30日間
※メールアドレス登録およびWeb明細利用の登録が必要となります。

プロミスの審査にかかる時間は最短25分のため、一時的に今すぐお金を借りたい人に向いています。

電話での在籍確認は原則実施していないので、職場への電話連絡を不安なに感じている人でも申し込みやすいです。

カードレスでの申し込みなら契約時に郵送物は届きません。

さらにWeb明細を指定すれば利用中も郵送物なしで借り入れが可能です。

家族にお金を借りていることを知られたくない人は、Web明細を選択して登録しましょう。

プロミスではVポイントを貯めて以下の用途に使えるサービスも展開しています。

  • 景品に交換する
  • 他社のポイントに交換する
  • 1ポイント1円分に換算してショッピングに使う

貯まったVポイントを普段貯めている他のポイントにも交換できます。

スマートフォンアプリ「Vポイント」をインストール後、貯まったVポイントをチャージすれば、ネットショッピングや店舗での買い物にも利用可能です。

Vポイントは次のタイミングで貯められます。

ポイントが貯まる条件 ポイント数 注意点
申込特典 ・Vポイントの申込:500ポイント
・はじめての契約:500ポイント
・2022年2月21日以降にプロミスとはじめて契約した人が対象
・契約手続完了日から60日以内にVポイントの申込手続の完了が条件
会員サービスにプロミスアプリでログイン 10ポイント ポイント獲得は月1回まで
利息200円ごとにポイントが付与 1ポイント 遅延損害金は対象外

プロミスで最大30日間の無利息期間を利用するには、メールアドレスとWeb明細利用を登録しなければなりません。

無利息期間やポイントサービスを活用して利息の負担を軽減したい人はプロミスに申し込みましょう。

無利息期間が最も長く審査時間も短いレイク

レイクの画像
最短融資時間 Webからの申込で最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までの契約手続完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振り込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。
利用限度額 1万円〜500万
金利 4.5〜18.0%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間 ・30日間無利息
・60日間無利息
・180日間無利息
<180日・60日>
※初めての場合は初回契約日から無利息。
※無利息期間が経過した後は通常金利が適用されます。
※30日間無利息・60日無利息・180日間無利息を併用はできません。
※契約額が200万円を超える場合は30日間無利息のみ。

<60日間無利息>
※Webから申し込んで契約額が1~200万円の人。
※Web以外で申し込みした人は60日間無利息が選べません。

<180日間無利息>
※契約額1万円~200万円まで

レイクは無利息期間の特典に注目して一時的にお金を借りたい人にぴったりの消費者金融です。

借入額のうち5万円までが180日間無利息になるコースもあるので少額の借り入れに向いています。

最短審査時間はWebからの申し込みで15秒、最短25分の融資にも対応可能です。

審査結果は申し込みが完了した後に画面上に表示され、借りられる可能性が高いかどうかを判断できます。

振り込みで融資を受けたい場合は、21時までに審査と契約手続きを済ませましょう。

日曜日は18時までに完了する必要があるので注意してください。

レイクの審査では原則電話連絡による在籍確認が実施されません。

会社の人に借り入れがバレたくない人でも申し込みやすいです。

できるだけ長く無利息期間を使って借りたい人はレイクを選びましょう。

原則電話連絡がなく郵送物なしの方法も選べるアイフル

アイフルの画像
最短融資時間 最短25分
※WEB申し込みの場合
※申込み時の状況によって希望のタイミングに借りられない場合もあります。
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0~18.0%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間 最大30日間

アイフルは申込時の電話は原則しておらず、電話連絡に不安を感じている人でも借りやすいカードローンです。

Webからの申し込みなら最短25分審査にも対応しているため急いでいるときにもピッタリ。

申し込みが完了したらメールや電話で審査結果の連絡があります。

郵送物も一切ないので審査が完了すればすぐにお金を借りられます。

アプリやATM、銀行口座委への振り込みなど好きな借入方法を選んで借りましょう。

審査が不安に感じている人には独自審査が特徴の中小消費者金融

一時的にお金を借りたいけど審査に不安を感じている人は、中小消費者金融の審査通るかもしれないです。

中小消費者金融はAIによるスコアリング審査に加え、従業員による直接的な審査も行っています。

そのためAIで審査基準に届かず弾かれた場合で融通が利く可能性があるのです。

実際に審査基準の違いによって大手で落ちた人が、中小消費者金融の審査に通る例もあります。

中小消費者金融で借りるなら以下の点を知っておきましょう。

  • 即日融資に非対応の借入先がある
  • 追加融資を受ける際に再申込が必要な借入先もある
  • 大手よりも金利が高い借入先もある

中小消費者金融には即日融資に対応していない業者もあるため、すぐに急ぎでお金が必要な人には不向きです。

また繰り返し借りられない証書貸付方式で融資をしている業者もあります。

追加で融資を受けたくなったら、再度申し込みをして契約し直さなければいけません。

また大手よりも金利が高い借入先もあるので、金利を重視したいなら特に上限金利をチェックして借入先を選びましょう。

即日融資にも対応している主な中小消費者金融は以下の通りです。

消費者金融 セントラル フタバ アロー
最短融資時間 最短即日 最短即日 最短即日
利用限度額 1万円~300万円 1万円〜50万 200万円まで
金利 4.8~18.0% 14.959〜19.945% 3.0~18.0%
融資の形式 カードローン形式 証書貸付方式 カードローン形式
在籍確認なし
郵送物なし
※アプリからの申し込みなら郵送物なし
無利息期間 最大30日間 最大30日間

大手の審査に通らなかった人や審査が不安な人は利用を検討してみてください。

待ち時間なしで借りたい人にはクレジットカードのキャッシング

待ち時間を一切かけずに借りたいならクレジットカードのキャッシングを利用しましょう。

クレジットカードを発行するタイミングでキャッシング枠を付けていれば、新たに審査に申し込む必要はありません。

お金が必要になったタイミングですぐに借りられます。

借り入れには以下の2通りの方法があります。

  • 振り込み
  • ATM

振り込みの場合は申し込んでから振り込まれるまでに時間がかかるケースもあります。

例えばJCBカードを利用すると、以下の時間帯の申し込みでは翌営業日まで振り込みできません。

  • 平日14:31~23:59
  • 土日祝日

クレジットカードを持参していればATMですぐに借り入れできます。

金利は消費者金融と同じくらいの15.0~18.0%程度です。

実際の金利や融資方法を確認しましょう。

クレジットカード会社 三井住友カード セゾンカード JCBカード
金利 15.0~18.0% 12.0~18.0% 15.0~18.0%
利用限度額 5万円~300万円 1万円~300万円 最大100万円
融資方法 ・Web申し込みで振り込み
・電話申し込みで振り込み
・ATM
・ONLINEキャッシング
・ATM
・Web申し込みで振り込み
・電話申し込みで振り込み
・ATM
振込融資にかかる最短時間 最短即時 最短数十秒 最短数十秒

クレジットカードのキャッシングを選べば待ち時間なしで借りられます。

低金利で一時的にお金を借りたいときに選べる2つの方法

一時的にお金を借りるときに低金利を希望する人は、銀行のカードローンもしくはフリーローンが向いています。

どちらかといえばカードローンよりもフリーローンの方が低金利で借りられる傾向です。

2つのローンの違いを知って自分に合った方を選びましょう。

借入先 融資までの時間 金利の目安 向いている人
銀行カードローン 最短翌営業日 14.5% 繰り返し借り入れしたい人
銀行フリーローン 1週間程度 14.0% 必要なお金をまとめて借りたい人

少しでも早く金利を抑えてお金を借りたい人は銀行カードローン

銀行カードローンは申し込みから最短翌日に借り入れできるので、少しでも早く低金利で借りたい人に向いています。

上限金利の平均は年14.5%で、消費者金融の年18.0%とと比べて低金利。

支払う利息を抑えて借りられます。

返済例 銀行カードローンの利息 消費者金融カードローンの利息
50万円借りて1年で返済 40,100円程度 50,100円程度
50万円借りて3年で返済 119,600円程度 150,700円程度
50万円借りて5年で返済 205,800円程度 261,800円程度

参考:カードローンのかんたん返済額シミュレーション_E-LOAN

銀行カードローンの中でも金利が低めな商品を参考に特徴を確認しましょう。

消費者金融 みずほ銀行カードローン イオン銀行カードローン
最短融資時間 最短翌営業日 数日
利用限度額 10万円~800万円 10万円~800万円
金利 2.0~14.0% 3.8~13.8%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間

銀行カードローンは即日融資に非対応のため急いで借りたい人には向きません。

借り入れまでに時間的に余裕があり、少しでも利息を支払わずに借りたい人は銀行カードローンを選びましょう。

みずほ銀行カードローンは上限金利が年14.0%で融資可能

みずほ銀行の画像
最短融資時間 最短翌営業日
利用限度額 10万円~800万円
金利 2.0~14.0%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間

みずほ銀行カードローンは上限金利が年14.0%と低金利です。

みずほ銀行の住宅ローンを利用していると金利が0.5%引き下がるので、さらに利息の負担を軽減できます。

みずほ銀行に口座を持っている人なら最短翌営業日に借りられます。

手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が加わるので、1枚のカードで預金の引き出しや借り入れが可能。

ローン専用のカードがほしい場合は、みずほ銀行の店舗で申し込みをすると対応してもらえます。

口座を持っていない状態で申し込むと、カードの受け取りが完了するまで借り入れできません。

Web以外の方法から申し込むと審査結果連絡が翌々営業日をなります。

みずほ銀行カードローンで早めに借りたい人はWebから申し込みましょう。

イオン銀行カードローンは口座を開設しなくても利用できる

イオン銀行の画像
最短融資時間 数日
利用限度額 10万円~800万円
金利 3.8~13.8%
在籍確認なし
郵送物なし
無利息期間

イオン銀行カードローンはわざわざ口座開設はしたくないけど、銀行カードローンを利用したい人に向いています。

上限金利が年13.8%と低いため、低金利で借りたい人にもぴったりです。

ローンカードの発行がありますが、イオン銀行のキャッシュカード機能があるカードでも借りられます。

その場合は返済方法をイオン銀行普通預金口座からの引き落としを選択しましょう。

イオン銀行に口座を持っていない人はカードが手元に到着するまで借り入れができません。

カードが届くまでの日数は審査完了から5日ほどです。

イオン銀行に口座があると以下のような使い方もできます。

  • キャッシュカードにローン機能の付帯ができる
  • 初回振込融資サービスの利用ができる
  • インターネットバンキングで借り入れ可能

インターネットバンキングからの借り入れを検討しているなら、イオン銀行に普通預金口座を開設してください。

口座開設をせずに低金利の銀行カードローンで一時的に借りたい人に向いているカードローンです。

一度にまとめてお金を借りたいなら銀行フリーローンが適している

一度にまとめて借りたい人は、追加融資ができない銀行フリーローンを選びましょう。

追加融資のないフリーローンでは延滞の可能性が低いことから、カードローンと比べて低金利な商品が多い傾向です。

カードローンとフリーローンとで金利を比較してみましょう。

銀行 フリーローンの金利 カードローンの金利
三井住友銀行 5.975% 1.5~14.5%
みずほ銀行 ・変動金利:5.875%
・固定金利:6.900%
※多目的ローン
2.0~14.0%
イオン銀行 3.8~13.8% 3.8~13.8%

イオン銀行を除く2行はフリーローンの方が金利が低いです。

フリーローンには主に以下の特徴があります。

  • 借りるお金の使い道が申込時に決まっていなければいけない
  • 資金使途を確認する書類の提出が求められる場合もある

フリーローンは申込時点で借りたお金の使い道が決まっていなければいけません。

借りたお金を何に使うかを証明するために、以下のような書類の提出が求められる商品もあります。

  • 請求書
  • 契約書
  • 注文書
  • 見積書
  • パンフレット
  • カタログ

利用用途が決まっていて追加で借りる予定の無い人はフリーローンで借りましょう。

公的な手段を使って一時的にお金借りる方法

お金が足りずに日々の生活に困っているなら、公的融資制度を利用する手もあります。

本当に生活に困っている人に向けた融資のため金利が低く、条件に該当すれば少ない利息の負担で借り入れできます。

ただし融資までには数日から1ヶ月程度時間が必要です。

利用条件を確認してそれぞれの融資制度に申し込みましょう。

公的融資制度 融資までの時間 金利 利用できる人
生活福祉資金貸付制度 1ヶ月程度 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
・低所得世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯
緊急小口資金 1週間程度 無利子 ・低所得世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯
母子父子寡婦福祉資金貸付制度 1ヶ月程度 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.0%
ひとり親世帯
求職者支援資金融資 1ヶ月程度 3.0% 求職者支援制度の利用をしている人
臨時特例つなぎ資金貸付制度 1週間程度 無利子 ・住居のない離職者
・公的融資制度もしくは公的給付制度の利用が決まっている人

生活に困っているときは市役所に相談して生活福祉資金貸付制度で借りる

一時しのぎの借り入れで解決できないほど生活が苦しいなら、市役所で生活福祉資金貸付制度の利用ができるか相談してみましょう。

生活福祉資金貸付制度とは次のような人を対象とした公的融資制度です。

  • 低所得世帯
  • 障害者世帯
  • 高齢者世帯

低所得世帯とは住民税非課税程度の世帯を指します。

住んでいる地域によって計算方法は異なりますが、一人暮らしの場合だと年収100万円以下で住民税非課税になる可能性があります。

生活福祉資金貸付制度は借りられる資金の種類が決められており、必要に応じて資金を借りる仕組みとなっています。

借りられる資金の種類は以下の通りです。

資金の種類 内容
生活支援費 生活再建するまでの必要な生活費用
住宅入居費 住宅の賃貸契約を結ぶためにかかる費用
一時生活再建費 生活再建のために一時的に必要かつ日常生活費ではまかなえない費用
・就職や転職を前提とした技能習得にかかる費用
・滞納している公共料金を立て替える費用
・債務整理で必要となる費用
福祉費 ・生業を営むのに必要な経費
・住宅の増改築や補修にかかる費用
・福祉用具等の購入に必要となる経費
・療養するために必要な経費
・介護サービスや障害者サービスを受けるための経費
・災害時に臨時で必要となる経費
・冠婚葬祭にかかる必要な経費
・住居の移転や給排水設備の設置に伴う必要経費
教育支援費 低所得世帯の人が高等学校や大学、高等専門学校等に就学する際の費用
就学支度費 低所得世帯の人が高等学校や大学、高等専門学校等へ入学する際に必要な費用

参考:生活福祉資金一覧_社会福祉協議会

社会福祉協議会が申込先となりますが、市役所や町役場でも相談に乗ってもらえます。

緊急かつ一時的に借りたい場合は緊急小口資金

緊急小口資金は生活福祉資金貸付制度で借りられる資金の一つで、緊急かつ一時的に生計維持が困難になったときに借りられます。

緊急性の高い人が借りる費用のため融資までは1週間程度。

保証人が不要で利息がかからないのが特徴です。

生活に大変困っているときでも、利息の心配なく借りられる資金です。

公的融資制度を利用してできるだけ早くでお金を借りたいときは、まずは緊急小口資金が利用できないか市役所に相談しましょう。

ひとり親家庭が申請できる母子父子寡婦福祉資金貸付制度

ひとり親家庭の人は母子父子寡婦福祉資金貸付制度が利用できます。

借りられる資金の種類は決められている中から必要なものを選んで借りる仕組みです。

資金の種類 内容
事業開始資金 事業開始に必要な設備費や機械、什器の購入資金
事業継続資金 事業で必要な商品や材料の購入費
修学資金 各種学校へ通うための授業料、書籍代、交通費
技能習得資金 事業開始や就職に必要となる知識技能を習得するための資金
※融資の対象は親
修業資金 事業開始や就職に必要となる知識技能を習得するための資金
※融資の対象は子ども
就職支度資金 就職で必要な被服、履物、通勤用自動車の購入資金
医療介護資金 医療や介護で必要となる資金
生活資金 生活が不安定な期間に生活を維持するための資金
住宅資金 住宅の建設、購入、補修、保全、改築、増築に必要な資金
転宅資金 住宅移転人必要な資金
就学支度資金 就学や修業に必要となる被服の購入資金
結婚資金 婚姻に必要な資金

参考:母子父子寡婦福祉資金貸付金制度_男女共同参画局

あらゆる場面で資金を借りられて、事業の開始や就職、進学などにも備えられます。

ひとり親家庭が母子父子寡婦福祉資金貸付制度を活用しましょう。

職業訓練受給中の生活費が足りないなら求職者支援資金融資

職業訓練受給中の生活費が不足して一時的にお金を借りたいときは、求職者支援資金融資の利用ができます。

求職者支援資金融資とは以下の条件を満たす人が対象の公的融資制度です。

  • 求職者支援制度を利用中の人
  • 職業訓練受講給付金の受給が決まっている人/li>

求職者支援制度とは再就職や転職を目指している人向けの制度です。

求職者支援制度は、再就職、転職、スキルアップを目指す方が、月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講する制度です
出典:求職者支援制度のご案内│厚生労働省

求職者支援制度の利用をすると、離職後に雇用保険を受給できない人向けに求職活動をハローワークがサポートしてくれます。

制度を活用しながら就職活動をしている人には、月10万円の職業訓練受講給付金が生活支援として支給されます。

職業訓練受講給付金を受け取っても生活に不安を感じる人は、求職者支援資金融資も利用可能です。

求職者支援資金融資の利用を希望する人はハローワークで相談に乗ってもらえます。

生活費の心配をせずに求職活動を続けたい人は、求職者支援資金融資に申請しましょう。

公的融資や給付が間に合わないときに使える臨時特例つなぎ資金貸付制度

公的融資制度や公的給付が間に合わないときに使えるのが臨時特例つなぎ資金貸付制度です。

公的融資や公的給付を受けるまでに約1ヶ月かかります。

住居のない離職者が各公的融資や公的給付を受けるまでのつなぎとして借りられますます。

公的融資制度や公的給付とは次のようなものです。

  • 失業等給付
  • 生活保護
  • 住宅手当
  • 訓練・生活支援給付
  • 生活福祉資金貸付制度(総合支援資金)

借入可能な金額は10万円以内で利息はかかりません。

公的融資制度や公的給付でお金を受け取った後は、1ヶ月以内に借りたお金を一括で返済するルールです。

住居のない離職者は社会福祉協議会や市役所に相談して融資を受けましょう。

一時的にお金を借りたい人が審査なしで借りるには?

審査をせずに一時的にお金を借りるには担保を利用する方法があります。

審査なしの借り方 融資までの時間 金利 利用できる人
生命保険の契約者貸付 最短即日 2.0~8.0%程度 解約返戻金のある生命保険の契約者
ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付け 即時 ・担保定期貯金:預入時の約定金利+0.50%(0.502%程度)
・担保定額貯金:返済時の約定金利+0.25%(0.252%程度)
・ゆうちょ銀行の総合口座を開設している人
・定期性貯金をしている人
質屋 即時 月利で1.0%~8.0%程度 預けられる品物がある人
身内や友人 相手による 貸してくれる相手がいる人

※2022年12月現在
出典:金利一覧_ゆうちょ銀行

担保とは返済ができなくなるリスクに備えて差し出すもので、お金を返せなくなったら担保を元に返済します。

融資の審査は返済能力を見るチェックするためもので、滞納の心配がなければ審査は必要ありません。

審査不要で担保もない方法を希望するなら、親や知人など信用できる人に借りる方法一択です。

担保として差し出せる品物や商品があるかチェックしてから借りる方法を選びましょう。

生命保険の契約者貸付は契約している保険を担保に借りる

もしも生命保険を契約しているなら、契約中の保険で契約者貸付が利用できないかチェックしましょう。

契約者貸付と解約返戻金がある生命保険に加入している人が、解約返戻金を担保にして借り入れする方法です。

  • 学資保険
  • 終身保険
  • 養老保険

契約者貸付は解約返戻金の7割から9割程度の金額を借りられます。

保険の契約年数が長いほどまとまった金額を借りやすくなります。

契約者貸付が利用できる保険会社を確認してみましょう。

生命保険会社 金利
アフラック 2.75~4.00%
第一生命 3.00~5.75%
日本生命 2.2~3.05%
住友生命 1.55~5.75%
オリックス生命 1.70~7.75%
メットライフ生命 1.50~6.50%
東京海上日動あんしん生命 3.00~3.125%
かんぽ生命 2.50~6.360000%
明治安田生命 2.15~5.75%
大同生命 2.25~5.50%
ソニー生命 2.50~8.00%
大樹生命 3.00~5.75%

※2023年4月現在

適用される利率は保険を契約した時期、契約している保険の種類によって変わります。

契約者貸付を利用するには以下の方法で借入可能です。

  • 契約している保険の担当者に相談する
  • 契約している保険会社に連絡する
  • カードを利用して借りる(カードが事前に発行されている保険会社)
  • 保険会社のアプリを利用して借りる

契約者貸付での借り方がわからないときは、担当者に相談すれば手続方法を教えてもらえます。

契約中の生命保険があるなら契約者貸付でお金を借りましょう。

貯金を解約しなくてもゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けで借りられる

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付は定期性貯金を解約せずにお金を借りられます。

貯金担保自動貸付は以下の貯金を担保として融資を受けられる制度です。

  • 定額貯金
  • 定期貯金

定額貯金や定期貯金を解約すれば現金を用意できますが、貯金担保自動貸付の利用なら解約せずにお金を用意できます。

貯金担保自動貸付での借入方法は以下の通りです。

  • ATMで通常貯金の残高を超えた分を引き出す
  • 郵便局の窓口で通常貯金の残高を超えた分を引き出す

特別な手続きをしなくても通常貯金の残高を超えて引き出すとお金を借りられます。

例えば通常貯金の残高が5万円のときに15万円を引き出すと、10万円の融資を自動的に受けられる仕組みです。

返済は2年以内の任意のタイミングで良く、返済回数や返済額に制限や縛りはありません。

一括返済でも少額ずつの返済でもどちらでもいいので返済しやすいです。

ただし2年以内に定期性貯金が満期を迎える場合は、満期を迎える前に返済する必要があります。

ゆうちょ銀行に定期性貯金をしているなら、貯金担保自動貸付を利用して一時的にお金を借りましょう。

無職が一時的にお金を借りるなら質屋が利用しやすい

無職の人が一時的にお金を借りたいなら質屋が利用しやすいです。

質屋は基本的に以下の流れで利用できます。

  1. 預けたい品物を持って質屋に持ち込む
  2. 品物を店頭で査定してもらう
  3. 査定価格に納得できたら借りたお金と質札(しちふだ)を受け取る
  4. 返済するお金が用意できたら質札を持って質屋に再度行く
  5. お金を返したら預けた品物を受け取る

質屋で鑑定士に品物を査定してもらい、査定結果に納得できれば査定価格分のお金を借りて帰ります。

借りたお金を返済できないときは品物が返ってこず、質屋の商品として生まれ変わる仕組みです。

お金か担保として預ける品物で返済できるため、返済能力をチェックするための審査は必要ありません。

質屋で預かってくれる品物には主に以下のものが挙げられます。

  • ブランド品
  • パソコン
  • スマートフォン
  • カメラ
  • ジュエリー
  • 貴金属
  • 腕時計
  • 電動工具
  • ゲーム機

バッグやアクセサリー類はブランド品でないと預かってもらえない可能性もあります。

質入れしてもらえなかった場合はフリマアプリで売却しましょう。

質屋の利息は月割り計算です。

返済が借入日の翌日でも10日後でも、同じように1ヶ月分の利息がかかります。

質屋なら品物さえあれば審査不要で借りられるため、無職の人や審査を避けたい人は質屋で借りましょう。

どこからもお金を借りられないときは身内や友人に借り入れをお願いする

どうしてもどこからもお金を借りられないときは、最終手段として身内や友人にお金を借りられないかお願いしてみましょう。

たとえ身内や旧知の仲だったとしても、人からお金を借りるのはトラブルになりやすいのでなるべく避けたい方法です。

トラブルが不安な人や避けたい人は、事前に以下の準備をしてからお金を借りましょう。

  • 返済方法について十分に話し合う
  • お金が必要な理由について誠実に伝える
  • お金を借りた事実を書面にして残す

お金を貸した側からすると本当に返済してもらえるか不安です。

返済期限や支払い方法をあらかじめ決めて、貸す側の不安を少しでも軽減させる努力を見せるのが大切です。

身内や知人からお金を借りるなら、お金が必要な理由についても誠実に伝えましょう。

やむを得ない理由で一時的にお金が足りないと判断してもらえれば、貸してくれる可能性が高まるかもしれません。

  • 大学や専門学校で使用するテキスト代がまとめて必要で支払えない
  • 体調不良や子どもの行事でパートを休んで一時的に収入が減った
  • 子どもの入学や受験などの行事でまとまったお金がかかる

借り入れの事実を書面にして残すことは、借りた金額や返済の内容についてトラブルを避けるためです。

口約束だけでは勘違いが起こる可能性もあります。

返済期限を決めずに書面も交わさないまま身内からお金を借りると、贈与としてみなされるケースもあるので注意してください。

1年間のうちに110万円を超えた金額を借りると贈与税が発生します。

贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)。
出典:No.4402 贈与税がかかる場合│国税庁

借りた事実を証拠を書面で残しておけば、贈与とみなされることはないです。

ここまで紹介した方法の中で借りる手段がない人は、身内や友人にお金を貸してもらえないか頼んでみましょう。

どうにかしてお金を借りたくても誰にでもお金を貸しますの言葉には騙されない

SNSでよく見かける「誰にでもお金を貸します」という借入先を選ぶのは避けましょう。

  • ソーシャルネットワークサービスを通じた個人間融資
  • 貸金業者として届け出ていない闇金業者

どうにかしてお金を借りる方法がないか夢中で探している人が、審査がないところから借りようとするケースを見かけます。

お金を借りるには必ず審査に通らなければなりません。

消費者金融カードローンを利用する場合でも法律で審査が義務付けられています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
出典:貸金業法│e-GOV法令検索

審査をせずにお金を貸せるのは、担保とするものがあり返済能力を調査する必要がないときです。

担保や審査なしで融資をするところは非正規の借入先なので絶対に避けましょう。

非正規の借入先から借りてしまうと以下のような問題が起きる可能性もあります。

  • お金を騙し取られる
  • 個人情報を勝手に悪用されてしまう
  • 高額かつ法外な利息を請求される

お金を借りるなら審査を実施しているところから借りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加